メニュー ホーム

サラ金とは?アイフルはサラ金に属する?

アイフルはサラ金に属しており、総量規制の対象となります。いわゆる消費者金融ローンのことで、実質年率は4.5%~18.0%で借りることができます。サラ金は一昔前はサラリーマン金融と言われており、当時は借りすぎが問題になっていました。金利も非常に高かった時代であり、グレーゾーンでの融資は当たり前だったのです。金利が高いと返済に時間がかかりますから、利息がなかなか減らないという現実があったのです。

現在のアイフルはグレーゾーンは廃止しており、昔より大幅に借りやすくなっています。サラ金でありながら銀行ローンのように借りやすくなっており、対応力もよいと評判です。アイフルは東証一部の上場企業であり、消費者金融の中でも優良業者という扱いを受けてきました。対応が良心的なので、始めて借りる方にもおすすめです。

そもそもサラ金には明確な定義はありませんが、一般的にノンバンクローンのことを指しています。大手の消費者金融はもちろん、中小規模・街金融なども含まれるのです。銀行や信金と決定的に違うのは、総量規制の対象になることです。年収の3分の1を上限とし、それ以内での融資となります。

ただ銀行や信金の場合もそれを超えた借り入れをすることは少ないので、特にデメリットとはなりません。年収450万円ある人なら、アイフルから最高150万円まで借りることができるので、キャッシングとしては何不自由ない金額でしょう。総量規制適用の有無はほとんど借り入れに影響しないと考えてよいでしょう。

アイフル借り方審査ガイド | 借りる前にすぐ確認すべき17の項目はこちら

カテゴリー:アイフル 未分類

タグ:

Byers